最先端水素燃料電池 USB充電器 Horizon社製 MINIPAK
55ac14053cd482724b0040bc 55ac14053cd482724b0040bc 55ac14053cd482724b0040bc 55ac14053cd482724b0040bc 55ac14053cd482724b0040bc 55ac14053cd482724b0040bc

最先端水素燃料電池 USB充電器 Horizon社製 MINIPAK

Last 2

21,000 JPY

Free shipping

About other shipping cost

Horizon Fuel Cell Technologys MINIPAK 最先端の燃料電池です!世界初の個人向け燃料電池ソリューションは唯一この製品だけですのでこの機会にぜひご体験ください。 この製品で使われる水素は、100%水と太陽光だけで作られているクリーンエネルギーです。 使い方は簡単 1、水素が充填されたカートリッジ(HYDRO STIK™別売)をセット 2、カートリッジがセットされると自動で発電準備を始め約20秒ほどでインジケーターが青く点滅すれば準備完了 あとは本体のUSBにケーブルをつなげば給電されます。 ハイドロスティック一本から得られる電力は 単三電池換算で12本分 ガラケーの充填は約4回 スマートフォンで約2回 500mWのLEDを約28時間点灯 ハイドロスティックは何回も繰り返して水素を充填出来て水素を半永久的に保持し続けます。 ※MINIPAKにはカートリッジは付属しておりませんので購入の際は必ずハイドロスティックを一緒にご購入下さい。 今回は発売開始キャンペーンとしまして専用の500mWのLEDライトが付属します! 衛星携帯はどこでも確実なコミュニケーションを私たちにもたらしてくれますが、これらが使われる環境は厳しく、多くの衛星携帯はその様な状況を想定して設計されていますが、電力をパワーソースとしている以上どれだけ優れた端末でもバッテリーが切れてしまえばどうにもなりません。現在最も待ち受け時間が長いThurayaXT Proでも100時間で切れてしまいます。 衛星電話で最も重要な電力ですが、そのパワーソースとして求められる条件は3つ有り、1つ目は"衛星携帯同様過酷な環境で動作する" 2"バッテリーの様に劣化せず、同じ容量の電力を半永久的に保持、保管が出来ること" 3"可能な限りコンパクトで持ち運びに優れていること" 以上の様な条件をクリアできるのはこの製品だけでしょう。